レンタルオフィス

独立開業支援.com

独立開業支援.com トップ > レンタルオフィス

レンタルオフィスを活用しての独立開業・起業

実際に独立開業・起業をする際に、必要なものとしてまず挙げられるのは、 オフィスだと思います。ではレンタルオフィスや貸事務所を借りる際に、 どのようなポイントに注意をして選べばいいのでしょうか。選び方や設備、 最近のレンタルオフィス事情情報についてご紹介させて頂きたいと思います。

レンタルオフィスとは

一言でレンタルオフィスといっても、色々な種類があります。代表的なものは、ワンフロアをパーテンションで区切った3~6畳程度のスペースのものです。もちろん、1部屋タイプというものもありますが、手頃な賃料なのは、パーテションで区切ったタイプのオフィスだと思います。

そのほかにも共同のスペースで机だけそれぞれ使えるようになっているタイプのものもあります。独立開業したてで、とてもテナントなど借りる余裕がない場合は、便利だと思います。また、普段は、自宅で仕事をしているけれども、来客や商談の時だけ、自分の事務所が必要な場合、利用する価値は大きいでしょう。

たいていのレンタルオフィスは、会議室などを別途時間で借りることができるようになっています。別途有料の場合もありますし、賃料に会議室などの利用料が含まれているところもあります。そのような付帯施設も考慮して、選択した方が良いでしょう。

レンタルオフィスの選び方

地域によっては、自治体などが、ベンチャー企業向けに安くレンタルオフィスを 提供している場合もありますので、独立開業をする前に、自分の地域内にそのようなものが ないか自治体などのホームページを調べてみましょう。

借りる場合の注意点ですが、賃料だけではなく、総合的な付帯サービスを確認した方がよいでしょう。また受付や、電話秘書などの付帯サービスがついているところですと、一人で独立開業するときには必需品となります。

そのほか、たいてい付いているとは思いますが、インターネット接続、FAX、コピー機、会議、商談スペースなども重要な点となります。別途料金がかかるものもあれば、そうでないものもあります。また、スペースレンタルの場合は、賃料に光熱費が含まれていることが殆どですが、きちんとした小部屋になっている場合には、別途料金がかかる場合があります。

その他の共益費、駅からの交通の便や、場合によっては駐車場も必要となりますので、総合的なコストと利便性を考慮して、レンタルオフィスを選択する事が大切です。

レンタルオフィスの設備

レンタルオフィスを利用した場合、具体的にどのような設備の利用が可能なのでしょうか?
また、通常のオフィスとどういった点が違うのでしょうか?
これは、これからオフィスを借りたいと考えている起業家や企業にとっては、大変気になるところだと思いますので、
一つ一つご説明していきたいと思います。

まず、どういったところでコストがかかるかを見ていきたいと思います。

初期費用とは、保証金および入会金などです。普通に賃貸事務所(貸事務所)を借りた場合の半額以下ですむ場合が多いようです。
ランニングコストとして、賃料、共益費は固定となります。
さらにサービス料(主にオプション使用料など)は、利用度合いによって個別精算のケースが多いようです。
もっと詳細を見ていきますと、

  • 水道光熱費
  • 清掃費
  • 共有部分の維持費(コピー機、コーヒー、トイレットペーパーなど)
  • 会議室やミーティングルームなどの利用料
  • 通信費
  • オフィス家具

などがあげられます。

レンタルオフィスはどちらかといえば、一時的な都合や、特定期間での研修目的の利用に向いています。
使用期間が長くなればなるほど、逆に通常のオフィスよりも坪単価が高くなるケースが多いですが、実際には、他社との共用スペースが多くなるため、狭い面積での使用が可能となります。
さらに、電話・ファックス、コピー機などの機能つきなので、通常のオフィスよりはかなりお得となります。
またオフィス家具などの備品を安く済ませる方法として、リースがありますので、後ほど詳細をご説明させて頂きます。

レンタルオフィスの費用コスト

よほど独立した広い部屋でなければ、別途冷暖房費や、光熱費を徴収することは、仕組み的にも困難ですし、そういうところは割高感があるので、殆どありえないと思います。
たいていは、賃料、または共益費に含まれているので、この共益費には気をつけた方がよいと思います。
賃料が安いと思っても、共益費が結構高い金額である場合もあるからです。
賃料だけでなく、共益費が必要のないところもあるので、その合計を合わせて、総合的に月のコストを計算した方がよいでしょう。
また、その他の設備について、どのていどの金額がかかるかも重要です。例えば、よく会議室を借りる場合、無料か、有料化で月経費がちがってきますし、不在時の電話の受付、転送が無料のところなどもありますので、レンタルオフィスを選ぶときには、自分の独立開業後の事業運営にそって考える必要が有りそうです。

レンタルオフィスに関するよくある質問

Q1.個人の契約の場合と法人での契約の場合のメリット・デメリットはあるか?

A.
一般的に個人で契約をする場合は必ず連帯保証人が必要となります。もちろん法人で契約をする場合でも必要となりますが、代表者保証でよいケースが多いようです。(各ビルのオーナーの意向によります。)その他は、特に大きな違いはありません。

Q2.法人登記をしてから契約したいが新しい貸事務所で登記をしたい

A.
上記の場合は、まず個人契約した後、登記完了後に法人で契約変更をするなど いろいろな方法があるかと思います。

Q3.入居の審査は起業だと厳しいのか?

A.
各ビルのオーナーによりそれぞれの基準があります。
人柄で決めるオーナーもいれば、資産で決めるオーナーもいらっしゃいます。

Q4.家賃・保証金はいくらぐらい必要か?

A.
地域や築年数にこだわられなければ、月額30,000円ぐらいからの物件もあるようです。
また、マンション物件でオフィス利用可能なものであれば保証金も安くなります。

Q5.賃料の他に毎月必要となる諸費用を知りたい

A.
ビルによりまちまちですが、一般的に賃料の他に、共益費・電気代・水道代などがかかります。共益費はビルの共用部分の維持管理(例えば共用部の電気代やエレベーターの管理費など)に必要な費用、電気代は多くの場合実費となり、水道代は共益費に含まれるものもありますが多くは 実費負担となります。その他ビルの設備や管理状況によりごみの回収費が必要になる場合もあります。

Q6.契約にあたり連帯保証人は必ず必要か

A.
多くの場合は必要となりますが、保証人は親子や親戚といえども頼みづらいものです。また、人の手を借りずに起業をしたい方もいるかと思います。保証会社などとの契約により、ビルオーナーの了解の上連帯保証人の必要と しない契約が可能となる場合もあります。(ただし、別途保証会社との契約、及び費用が必要となります)

主なレンタルオフィス会社は以下の通りです